歯の状態を良くすること|インプラント・矯正歯科・検診

嫌いでも行く

歯科治療は痛くて嫌いな人へ

歯科治療と聞くと、歯をグリグリ削られて痛くて嫌な思いをした記憶が強く、なかなか歯科医院に足が向かない人もいるでしょう。でも、痛くない怖くない治療ができるのはご存知ですか。 削る治療よりも、麻酔注射の方が痛かったという話はよく聞きますが、まず、現在の麻酔技術は日々進歩しており、麻酔注射前の部分麻酔に加え、注射針を極限まで細くし、痛みをなるべく感じないように工夫したものがあります。 また、それでも痛みを感じることが怖く、治療に消極的になってしまう場合、笑気というふわっとした気分になれる安全なガスを吸入しながら治療することが可能な歯科医院もあります。 さらに、削るという行為自体に恐怖を感じるという方には、レーザー治療がお勧めです。

痛くない治療をするには

これまでに紹介したような最先端の麻酔技術や笑気治療ができる歯科医院を選ぶときは、カウンセリングなどがしっかりしているところを選ぶとよいでしょう。医院によっては、心理カウンセラーなどを常駐させているところもあり、患者さんの歯科治療への恐怖をなるべく理解し、取り去る工夫を治療に取り入れてくれる歯科医院があります。 また、レーザー治療など最新の機器を使用した治療を実施してくれる歯科医院はまだまだ少ないことと、保険適用外の治療になる可能性もあるため、治療に入る前に問い合わせして確認することをお勧めします。 現代の歯科治療は痛くない治療がモットーです。歯をむやみに削る治療も今や時代遅れです。大事な歯を残してくれて痛くない治療方針をとってくれる歯科医院を選びましょう。