歯の状態を良くすること|インプラント・矯正歯科・検診

専門機関

歯科技工所を開業するには

歯科技工所とは、歯科医師や歯科技工士が職として歯科技工を行う場所です。 歯科医院や病院から技工物を受注し、製作して納品することが業務となります。 医師や歯科医と違い、病院やクリニック等の組織に属すことなく一人または少人数で独立して改行することができます。 歯科技工所はその業務が適性かつ衛生的に行われるよう構造設備の基準や品質管理の指針が設けられており、開業には届け出が必要です。 歯科技工士は直接患者に関わることがなく、歯科医師からの指示でのみ義歯や入れ歯、差し歯、充填物や矯正装置等を作らなければならないため、想像力や歯に関する知識を常に勉強し更新し続けなければなりません。 また技工物を製作する上で大量の粉塵が発生するので、塵肺を引き起こさないよう集塵機や防塵マスクなどの使用が必要になります。

開業する際のポイントは

歯科技工所は比較的場所を選ばず、マンションの一室を使用しても開業できますが、 歯科技工士学校や養成所を卒業してすぐに開業するのではなく、まずは歯科医院や診療所、別の歯科技工所やメーカーなどで経験を積んでから開業すると良いでしょう。 技術や営業を学べるだけでなく、開業した際の顧客や人脈を得ることもできます。 また、開業するにはある程度まとまった資金が必要となりますので、まずは机の空いている歯科技工所に間借りしたり、自宅に部屋が空いていればそこを使用すると良いでしょう。 機器や道具、設備も、最新のものを用意するのではなくまずは中古を用意したり、メーカーからのリースを利用すれば初期投資を押さえることができます。