歯の状態を良くすること|インプラント・矯正歯科・検診

保険の問題

インプラントの治療費は現在、平均1本30万円程度

インプラントの治療費は、平均1本30万円程度と高額です。インプラントは非常に優秀な治療法なのですが、その分、コストがかかってしまうというが高額な治療費の理由です。しかし、最大の理由は、保険が適用されない治療が行われており、治療費すべてが自己負担だということです。 ただ、現在、インプラントは保険が適用されるようになっています。しかし、保険の適用には、厳しい条件が課せられています。 通常、保険適用の条件は、主として症状に関する条件です。しかしインプラントの場合、治療を行う施設の状況や勤務体制にまで条件が課せられているのです。 その条件を、多くの歯医者がクリアできていないのが現状です。従って、すべての治療を保険適用外で行わなければならず、それ故に、一般的に治療費が高額になってしまっているのです。

すでに確立されている高い有効性と安全性

インプラントは、他の治療法に比べれば新しい治療法です。しかし、つい最近、誕生した治療法というわけではないのです。 現在のインプラントは、チタンと骨が結合することの発見が基礎となっています。その発見は1950年代のことであり、実際に治療として普及し始めたのは1980年代のことです。ですから、新しいといっても、それなりに歴史がある治療法なのです。 インプラントが保険適用になったのは、平成24年4月からです。長い歴史と、その間の実績を考えると、保険適用までには随分と時間がかかったと言えるでしょう。ただ、その長い間に、すでにインプラントの有効性も安全性も、かなり高いレベルで確立されています。ですから、この先、保険適用の厳しい条件が緩和される可能性は、大いにあると言えるでしょう。